2018熊野古道中辺路マウンテンランレース


2018年02月17日

梅の花が咲き始めました!

【梅の花が咲き始めました!】

まだまだ寒い日が続きますが、ここ紀南地方(田辺)では、梅の花が咲き始めました。中辺路町のコース上は、あと2週間程後になるかと思いますが、春がそこまでやって来てます。
IMG_2130.JPG

エントリー(申込)でずが、2月27日(火)まで延長しますので、まだエントリーされてない方は、申込して下さい。(ランネットからの申込は終了しましたので、郵便振替にてお願い致します。申込書の方は、事務局まで郵送下さい)
IMG_2135.JPG

<申込・問合せ先>
〒646-0027 和歌山県田辺市朝日ヶ丘13-4
「熊野古道中辺路トレイルラン実行委員会事務局」
スポーツショップオハナ内 TEL0739-26-2378
担当:愛須、横山まで E-mail:ohana@vm.aikis.or.jp


2018年02月13日

道普請ボランティア募集!!

【道普請ボランティア募集!!】

今年も大会前に、コース整備(道普請)を行います。全国からトレイルランナーの方をお迎えするにあたり、コースを綺麗にし、走りやすく、気持ち良くお迎えしたいと思います。つきましては参加される選手の方にボランティアとしてお手伝い戴ければ幸いです。詳細については下記の通りです。

■日時   2018年3月4日(日)、9:00〜15:00(予定/小雨決行)
■集合   田辺市中辺路町真砂、「清姫の墓」
■持物   軍手、作業が出来る服装と靴、飲み物(お茶)
■備考   ・お弁当は用意します。
      ・ノコギリ、ツルハシ、鍬、熊手(鉄製)、げんのう、他
      ・当日は、3班に分かれて作業します。
      ・午前中または午後だけでもOKです。
■申込   熊野古道中辺路トレイルラン実行委員会
      (スポーツショップオハナ内)まで
      TEL 0739-26-2378 / ohana@vm.aikis.or.jp
@名前、A電話番号を連絡して下さい。
IMG_0695.JPG

2018年02月10日

射森峠

【射森峠の「一願地蔵尊」と「れき岩層」】

コース上16.4q地点(32`の部)の射森峠(いもりとうげ)には、昭和30年代の初めごろまで、一願地蔵尊(からし地蔵)が祭られていて、そばには土俵もあったと聞きました。また戦国時代には秀吉の紀州攻めで地元勢力との合戦の場となったところでもあります。(現在、県道平瀬上三栖線)
聞くところでは一願地蔵尊は、今の潮見峠越え(捻木〜潮見峠)の途中に茶屋の側に祭られていたのが、熊野古道が途絶えたあと、今の射森峠に移転しましたが、国道311号ができたことで、人通りがなくなったため、西谷の福厳寺(現在の一願寺)で祭るようになったと聞きました。
IMG_2099.JPG

           ▲射森峠

また射森峠付近には、三千数百年前に堆積した「れき岩層」が見られます。(海底の土石流跡です)他にも清姫道の約22.7`付近にも沢山のれき岩が見うけられ、人間が誕生するはるか前の時代に思いをはせてみるのも面白いものです。(地質マニアの方にはたまりませんねー!)
IMG_2103.JPG

           ▲紀伊民報2017年12月24日の記事より



  

2018年02月08日

丸山

【主催者からのプレゼント「丸山」】

コース上の21.7q地点から清姫道の登りが始まります。その山を丸山といい、近くの国道から見ると名前の通りの丸い山ですが、冬になると植生界がはっきり見え、左右真っ二つに色別れします。その植生界の左側の自然林の急登を蛇行しながら登って行きます。
IMG_2092.JPG

以前、下見に来た選手が、あまりのきつさにギブアップし、「死にました・・・!」とか言って、途中にあるベンチにうずくまっていたのを思い出しました。
確かにきつい登り坂ですが、それがトレイルランの醍醐味と言うか、坂道はきついのが当たり前で、そこをどう攻略するのか?(自分と向き合い、どう楽しむのか・・?)だと思います。主催者としては、清姫道を思い切り楽しんでもらえればと思います。
今日、コース看板を中辺路町に取に行った際に丸山が見えましたので、ふと思ったものでした。

2018年02月04日

清姫道

【清姫道について】

熊野古道中辺路マウテンランレースの32`と18`の部では清姫道を通ります。「安珍清姫伝説」や「道成寺物語」などで有名な清姫の里が、田辺市中辺路町真砂(まなご)にあり、清姫の墓や遺跡がたくさんあります。
コース上の、9.9`地点(清姫道峰分岐)〜11.6`地点(潮見峠)と、21.7`地点(真砂登山口)〜25.5`地点(潮見峠)が、清姫が安珍を追いかけて通ったとされる清姫道となります。
CIMG5052.JPG


<安珍清姫伝説>
平安の昔、中辺路町真砂に住む清姫が、奥洲(福島県)から熊野詣で来ていた僧の安珍に思いをよせるが、裏切られたことを知り、大蛇になって追いかけ、安珍が隠れた道成寺の釣鐘に巻き付いて焼き殺す伝説がある。
IMG_2040.JPG

      ▲中辺路町真砂にある清姫の墓

>コースマップ(PDFファイル)ダウンロード




2018年02月01日

参加記念品

【参加記念品について】

今年は第10回記念大会ということもあり、参加記念品は「スポーツタオル」となりました。毎年記念Tシャツでしたが、昨年はマグカップで、今年はスポーツツタオルとしましたのでお知らせします。
taoruweb.jpg

その昔、滝尻王子からは熊野の聖域のはじまりです。平安貴族をはじめ大勢の参詣者が行き来し、なかでも山伏姿の修験者も熊野の山々を駆けめっぐったと言われてます。我々もまた自然を崇拝し山々を駆け廻りたいものです。