2020 熊野古道中辺路マウンテンランレース


2008年10月16日

熊野古道中辺路トレイルランニングレース 競技について

2009 熊野古道中辺路トレイルランニングレース 競技について

■大会スケジュール
 7:00〜 8:00 受付
 8:00〜 8:10    開会式、競技説明 
 8:30〜 8:40    スタート(5分間隔の時差スタートの予定)
 15:00       表彰式、
 16:00       コース閉鎖、解散

■マナーについて
 本大会のコースは、世界遺産に登録された、文化的価値のある「参詣道」です。ランナーはマナーを持ってご参加下さい。
 中辺路町から本宮町にかけての中辺路は、特に一般ハイカーが多いところでもあります。その歴史的な信仰の道を爆走するランナーを見たハイカーは、あまり気持ちの良いものではありません。
 後から追い越す時は、「すみません追い越します。」と一声掛けるようにしましょう。すれ違う時もハイカーを優先させてあげるくらいの気持ちと、譲り合いの精神をもって、気持ち良く同じフィールドを楽しみましょう。
 
 ※我先にと、ハイカーに向かってスピードまかせに走って行くような事のないようお願いします。

■競技方法とルール
 ・個人単位で行うタイムレース方式とします。
 ・スタートリストは、大会ホームページに、2月末に掲載されます。  (各自のスタート時刻を確認下さい)
 ・コース上は左側通行とし、道幅の狭い所では譲り合いの精神をもって走って下さい。特に、一般ハイカーには1声(挨拶)掛け合いましょう。
 ・レースの関門は、下記の通りです。(タイムオーバーした選手は、レースを中止し、スタッフの指示に従って下さい)
折り返し点(15q地点):13時00分 / 林道交差点(20q地点):14時00分 / 高原駐車場(27q地点):15時00分
 ・フィニッシュ地点の制限時間は、16時00分とします。
 ・エイドステーション(AS)は、3ヶ所@折り返し点、A高原(往復)にあります。
 (水、スポーツドリンク、バナナ、飴)
 ・参加者は、自分の水と行動食は、必ず携行して下さい。
 ・ストックおよび杖等の使用は禁止します。
 ・参加者は、体調の悪化等でレースをリタイア(棄権や中断)する場合は、必ずコース上のスタッフに申し出て下さい。
CIMG2651.JPG
■失格事項
 ・ゼッケンを着用しなかった選手。
 ・競技規則に違反した選手。
 ・ゴミをレース開催中に放棄した選手。
 ・スタッフの指示に従わなかった選手。
 ・コース上の関門にタイムオーバーした選手。
 ・自然や遺跡を損傷する行為があった選手。
 (ショートカットや、追い抜きで、踏み跡以外を通るのは禁止)
 ・不正行為があった選手。
 ・著しいマナー違反があつた選手。

■備考
 ・時差スタートとなます。各自のスタート時刻が異なりますので、スタートリストを確認の上、スタート枠に10分前には集合下さい。
 ・60歳以上の参加者は、健康診断証の提出をお願いします。(写し可)
 ・大会開催中のゴミは必ず、各自で持ち帰り下さい。
 ・レース中の事故については、応急処置のみ行いますが、それ以外は各自の責任でお願いします。
(各自、簡単なファーストエイド等を携行下さい)
 ・競技以外の手荷物は、大会本部にてお預かりします。但し、貴重品については、各自の責任で管理して下さい。
 ・コース上の、エイドステーション、トイレ、天然水については、別紙コース図を参照。

■記録(SIカードについて)
 ・記録はSIカード(電子パンチングシステム)にて計測します。
 ・SIカードはゼッケンとセットされているので、確認して下さい。
 ・使用方法は、ループを中指に掛け、手のひらに置く様にすればOKです。チェックポイントやフィニッシュ地点では、SIステーションの穴にSIカードを挿入(パンチ)します。その時にビッという音と光が発生して、番号と記録がSIカードに記録されます。 
 ・レース中の計測は、折り返し地点と十丈、そしてゴール地点で行います。
 ・万一、SIカードを装着しなかったり、他人のSIカードを使用した場合は、記録が計測出来ません。必ず、自分のEカードを装着して下さい。
 ・フィニッシュ後(またはレース終了後)に、SIカードを回収しますので、必ず返却して下さい。紛失した場合は、弁償金(有料3000円)を戴きます。リタイアされた場合も同様に、速やかに返却願います。
 ・スタート、関門、フィニッシュ地点では必ず一時停止してスタッフの指示に従い通過下さい。 


SIシステム1.jpg
SIシステム2.jpg
posted by ohana at 11:24| 熊野古道中辺路トレイルラン2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする