2020 熊野古道中辺路マウンテンランレース


2008年10月31日

宮沢和史 弾き語りによるコンサート 寄り道2008

10月29日、上富田文化会館において、THE BOOMの「宮沢和史、弾き語りコンサート 寄り道」がありました。自称、田辺市ファンクラブ会長としては、当然のように行って来ました。心配した客席もソールドアウトしたようで、満席になった会場からは1曲ごとに大きな拍手が鳴り響いてました。コンサートの後半、ブラジルと日本の移民100周年となる話を、熱く語っていたのが印象的でした。

いつも宮沢和史の音楽を聴いていると、どこか懐かしい風景が描き出されているのと、世界のどこでもないような音楽観があり、唄や人生に対して一生懸命に人柄と、歌詞の中に隠れた奥深さを感じずにはいられません。ほんまに不思議なアーティストだと思います。
「ひゃくまんつぶの涙」「この街のどこかで」「沖縄に降る雪」「島唄」僕の大好きな唄ばかりです。久し振りに良いものをライブで聴き、心身ともにリフレッシュした1日でした。
CIMG2859.JPG

posted by ohana at 11:29| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする