2020 熊野古道中辺路マウンテンランレース


2009年03月30日

補給物について

【補給物について】

 ダイトレ前となりましたので、補給物についてご案内します。特に長い距離を走る場合、水分補給と同時に栄養補給(食料をとる)をする必要があります。最近ではジェル状のもので、軽量コンパクト、高エネルギーなものが沢山市販されています。時々沢山の食料持って走ってる方を見かけますが、さすがに重そうなので、僕にはマネ出来ません(笑)。昔から「腹が減っては戦が出来ぬ」という言葉がありますが、本当にお腹が空いては力が出ないどころか、他人に迷惑をかけることにもなりかねません。
 下記補給物は、オハナにて販売してますので、皆さん最低限の補給物は自分で持つようにして下さい。では、完走目指して頑張って下さい。

CIMG3373.JPG@スポーツビーンズ:エイアンドエフ、242円
Aパワージェル、パワーバー:パワースポーツ、262円
Bカーボショッツ:ティー・シー・エフ カーボ事業部、252円
Cセブ・ドライフルーツ(マンゴー、パイン、バナナ):ユニバーサルトレーディング、347円

CIMG3376.JPG
Dスポーツキャンディ(ビタミンC、ブドウ糖、塩飴):健康体力研究所、262円
Eブドウ糖:野島製菓、347円
F一口きびだんご:谷田製菓
Gメダリスト:アリスト、2100円(500ml)
CIMG3176.JPG
※その他、詳しいところは「トレイルランニングを楽しむ」石川弘樹 著 地球丸 刊を見て下さい。たまに確認のために読み直しますが、何回読んでも新しい発見がありますヨ!

posted by ohana at 13:51| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする