2020 熊野古道中辺路マウンテンランレース


2009年09月24日

八方尾根(唐松岳)紅葉トレッキング

【八方尾根(唐松岳)紅葉トレッキング】

 シルバーウィークの22(火)・23(水)に、信州白馬村の、八方尾根、唐松岳にトレッキングに行って来ました。
 心配していた渋滞に巻き込まれながらも、何とか午前6時30分に白馬村無料駐車場にたどり着く。
 早々に準備した後、ゴンドラリフトを3回乗り継ぎ、八方池山荘に8時10分に着く。雨は降ってないもののガスで視界は無い。歩くこと40分で八方山ケルンに着く。後を振り返ると、雲の切れ間に高妻山や八ヶ岳のてっぺんだけが顔を見せていて、アルプスの雰囲気が出て「おー!」と声が上がる。
CIMG3777.JPG

 9時14分、八方池に着いた頃には、白馬三山は見えないものの、不帰嶮(かえらずのけん)は見え隠れし、険しい山々に何度となく見入る。
CIMG3782.JPG

 天気が悪いが、標高が高い北アルプスでは紅葉には関係なく目を楽しませてくれる。丸山ケルンを10時50分に通りこし、11時35分には唐松山荘にたどり着く。相変わらずガスがかかり視界が悪い。
 テントを張り、他愛の無い話に盛り上がる。このまま夕方までウロウロする訳には行かず、気分を入れ変え、唐松岳へお散歩する・・・。
CIMG3785.JPG

 この8末に山荘を一部リニューアルしたようで、真新しい木の臭いがし、気持のよいものでした。500円のワンカップ(真澄)と550円の缶ビールを買い、テン場で宴会をし、そのまま夕飯に突入する。昨夜の運転で疲れていたので寝袋に入った途端ぐっすりと眠りに入る。夜中に、トイレに行った際、剣・立山がかすかに見え、何か徳したみたいだ。また、寒さもなく快適に安眠出来たので朝はスッキリだった。
5時に朝食を食べてると、小雨がパラパラ降り出した。どうやら今日も天気はイマイチ。
CIMG3791.JPG
 
 6時には、玄関前で集合写真を撮り、早々に下山する。何度となく後を振り返るが、小雨で視界が悪い。ガスの切れ間に五竜や白馬岳が見える。しかし、程なくガスがかかり真っ白だ。8時過ぎにはリフト乗り場に着き、荷物を整え駐車場へ9時20分に帰り着く。
 無事何事もなく下山出来ホットするが、また帰りの渋滞を考えると気が重い!
 しかし雨の日は雨の日なりに、皆の楽しそうな顔を見るとこちらも何となく和み、頑張って運転することにする・・・。
 と、言うことでオハナOD倶楽部の遠征トレッキングも無事終了し、帰りの車の中では、次ぎは何処に行こうか、相談してました?

 次回は、11月8日、那智勝浦の「烏帽子山」となります。
 皆さんお疲れ様でした。






posted by ohana at 11:36| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする