2020 熊野古道中辺路マウンテンランレース


2009年10月09日

トレラン新製品

【トレイルランニング新製品の案内】

 この度、スポーツショップオハナでは、下記の2点(09年秋の新モデル)を販売することとなりましたので、ご案内いたします。

■シナノ、トレイルランポール110p・120p
待望のトレランポールが日本製品(シナノ)より販売されました。アップダウンのキツイコースやロングタイプのコースでは、上手く使えば、かなり有効的な道具です。
<仕様>
・トレランポール110-------重量185g/全長110p/収納時31p
・トレランポール120-------重量195g/全長120p/収納時33p
・材質---------アルミ合金12、ナイロン、ウレタン、プラスチック樹脂
CIMG3831.JPG


 185gといえば、パワージェル4ヶ半程度のものなので、重量的には問題なしと考えます。但し、使用方法については、ノルデックウォーキング等で日頃より使い慣れる必要があるかと思います。お勧めの1品です。
※8末にあった「おんたけスカイレース」では、ポールに助けられたのは本当の話です。

■バスク、ヴェロシティVST GTX(トレランシューズ)
モントレイルのコンチネンタルディバイドが廃盤となり、トータルバランスに優れたシューズを探していた矢先、バスクより発売している「ヴェロシティVST」がコンチの穴埋めをしてくれるシューズとしてスポーツショップオハナでも販売することとなりました。
CIMG3835.JPG

マラソン経験がある方ならお解りかと思いますが、底が薄いシューズでは、石や木のカブの突き上げがあり、長い距離を走る場合は特に脚がもたないのが現状です。底にプレートが入った、しっかりした物(シューズ)が、オフロード(トレイル)での走行には一番良いかと思います。是非、お試し下さい。
 




posted by ohana at 14:10| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする