2020 熊野古道中辺路マウンテンランレース


2010年10月14日

秋の風物詩「あけび」

【あけび】

 最近、あまり見かけなくなってきた「あけび」ですが、昨日行った山で、偶然見つけて、食べられそうなのを選び採ってきました。
 中に入ってる半透明でゼリー状の甘い果実を口いっぱいに入れ、子どもの頃に、種を噴き出しながら食べた記憶のある人も多いことと思います。
 聞くところによれば、熟すと口を開いたように割れる。「開け実」がなまって「あけび」と名付けられたそうです。嬉しかったので、ブログに載せてしまいました・・・。
CIMG0189.JPG
  ▲最近では珍しい「あけび」







posted by ohana at 18:04| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする