2020 熊野古道中辺路マウンテンランレース


2011年02月06日

コース説明

【2011 熊野古道中辺路マウテンランレース コース説明】
※コース図を見ながらシュミレーションして下さい。

■Aタイプ(約33q/トレイル比率29.5%/標高差457m)
CIMG4073.JPG


▲なかへち総合グラウンド(受付、スタート・ゴール地点) 標高200m、下り


CIMG4067.JPG





CIMG4081.JPG

▲下芝、一菓・十字路右折



CIMG4083.JPGCIMG4087.JPG

▲下芝信号、2.2q地点、標高94m、ここから上り(舗装路)


CIMG3868.JPG


▲auの塔分岐、4.9q地点、標高380m、標高差(下芝信号より)286m、(B地点)


CIMG5075.JPG


▲潮見峠下分岐(古道入口)左折。6.5q地点、標高520m、標高差(auの塔より)140m、         ここまで舗装路。、(C地点)



CIMG5072 (2).JPG


▲熊野古道のトレイル。下り



CIMG5069.JPG



▲途中のコルから、遠くの山々が見える。


CIMG5068.JPG


▲門谷終点。エイドステーション有、13`地点より標高差150m、軽い下り



CIMG5064.JPG


▲門谷分岐。1週目は橋を渡らず直進。7.9q地点、標高330m(未舗装路)、(D地点)



CIMG3950.JPG


▲厳島神社(峰)、9q地点。(ここまでオフロード)


CIMG5098.JPG


▲林道・峰小皆線入口、左折。9.3km地点、標高306m、ここから軽い上り


CIMG3868.JPG


▲auの塔。11.4q地点、左折、標高差(林道入口より)74m、上り、、(B地点)


CIMG5075.JPG


▲潮見峠下分岐(古道入口)左折。2周目13.0q地点、標高520m、標高差(auの塔より)140m、         ここまで舗装路。(C地点)


CIMG5068.JPG


▲門谷終点。エイドステーション有、14q地点


CIMG5064.JPG


▲門谷分岐。2週目は橋を渡り右折。14.4q地点、標高330m、ここから本格的なトレイルに入る、
      上り、、(D地点)

CIMG5087.JPG


▲清姫道峰分岐。15.0q地点、標高450m(気持ちの良いシングルトラックが続く)、(F地点)


CIMG5078.JPG


▲潮見峠。エイドステーション、簡易トイレ有、16.7q地点、標高550m、標高差(峰分岐より)100m
これより舗装路の急な下り、広場を左折、(G地点)


CIMG3906.JPG


▲東谷橋(西谷)。左折、19.0q地点、標高280m、標高差(潮見峠から)270m、ここからは緩い下り、(H地点)


CIMG5105.JPG


▲観音橋(西谷)。左折、舗装路


CIMG5107.JPG


▲途中の十字路を直進。


CIMG5108.JPG


▲途中の風景。



CIMG5048.JPG

▲真砂登山口。22.2q地点、標高130m、標高差(東谷橋より)150m、最初に丸山を登り、本格的なトレイルが約4q続く。左折、急な登り、(I地点)


CIMG5103.JPG

▲丸山。植生の切れ目(左雑木林)を登ります。Aタイプのコースでは、一番の山場となり、この上りをいかに攻略(笑っていれるか)出来るかが、ポイントとなります。


CIMG5050.JPG


▲丸山のトレイル。


CIMG5052.JPG





CIMG5057.JPG


▲素晴らしい清姫道。



CIMG5059.JPG


▲熊ガ岩。展望よし、西に紀伊水道が見える。標高450m


CIMG5091.JPG



▲清姫道峰分岐を経て、潮見峠へ続くトレイル。


CIMG5079.JPG


▲潮見峠。2周目右折、エイドステーション、簡易トイレ有。26.0q地点、標高550m、標高差(真砂登山口より)420m、ここからゴールまで舗装路、下り、(G地点)


CIMG3868.JPG


▲auの塔分岐、26.4q地点、標高380m、標高差(潮見峠より)170m、(B地点)


CIMG3938.JPG


▲覗橋。右折、県道に突き当たる。アスファルトのキツイ下りが終わり、約400mの平地が続く


CIMG4087.JPG


▲下芝信号、左折。30.8q地点、標高94m、標高差(auの塔より)286m、旧道より民家を抜け、最後の上りが始まる。


CIMG4073.JPG


▲なかへち総合グラウンド。野球場を1周回ってゴールとなります。標高差(下芝信号より)106m


※なかなか解りづらいかと思いますが、一読下さい。当日は、要所にはスタッフが待機してますので、迷うことはないと思いますが、名称だけは頭に入れておいて下さい。よろしくお願い致します。

また、撮影日、紀南地方には珍しく雪が積もってますが、大会当日は無いと思います。
-----------------------------------------------------------------

■Bタイプ(約17q/トレイル比率21.6%/標高差457m)
CIMG4073.JPG


▲なかへち総合グラウンド(受付、スタート・ゴール地点) 標高200m、下り


CIMG4067.JPG





CIMG4081.JPG

▲下芝、一菓・十字路右折



CIMG4083.JPGCIMG4087.JPG

▲下芝信号、2.2q地点、標高94m、ここから上り(舗装路)


CIMG3868.JPG


▲auの塔分岐、4.9q地点、標高380m、標高差(下芝信号より)286m、(B地点)


CIMG5075.JPG


▲潮見峠下分岐(古道入口)左折。6.5q地点、標高520m、標高差(auの塔より)140m、         ここまで舗装路。、(C地点)



CIMG5072 (2).JPG


▲熊野古道のトレイル。下り



CIMG5069.JPG



▲途中のコルから、遠くの山々が見える。


CIMG5068.JPG


▲門谷終点。エイドステーション有、13`地点より標高差150m、軽い下り



CIMG5064.JPG


▲門谷分岐。右折、橋を渡りトレイルに入る、ここより上り。7.9q地点、標高330m(未舗装路)、(D地点)



CIMG5087.JPG


▲清姫道峰分岐。8.5q地点、標高450m(気持ちの良いシングルトラックが続く)、(F地点)


CIMG5078.JPG
▲潮見峠。エイドステーション、簡易トイレ有、10.2q地点、標高550m、標高差(峰分岐より)100m
これより舗装路の急な下り、広場を右折、景色よく海が見える。ここからゴールまで舗装路の下りが続く (G地点)

CIMG3868.JPG


▲auの塔分岐、12.2q地点、標高380m、標高差(潮見峠より)170m、(B地点)


CIMG3938.JPG


▲覗橋。右折、県道に突き当たる。アスファルトのキツイ下りが終わり、約400mの平地が続く


CIMG4087.JPG


▲下芝信号、左折。14.8q地点、標高94m、標高差(auの塔より)286m、旧道より民家を抜け、最後の上りが始まる。


CIMG4073.JPG


▲なかへち総合グラウンド。野球場を1周回ってゴールとなります。標高差(下芝信号より)106m


※なかなか解りづらいかと思いますが、一読下さい。当日は、要所にはスタッフが待機してますので、迷うことはないと思いますが、名称だけは頭に入れておいて下さい。よろしくお願い致します。

また、撮影日、紀南地方には珍しく雪が積もってますが、大会当日は無いと思います。