2019nakahechi-title.png


2010年12月20日

和歌山県民オリエンテーリング大会

【和歌山県民オリエンテーリング大会】

 12月19日(日)、ポカポカと暖かい日曜日に、好例となりました「県民オリエンテーリング大会」が田辺市新庄総合公園にて行われました。
CIMG4986.JPG

 去年から、よりゲーム性を高めるために。スコアOとなりましたので、制限時間内に出来るだけ多く回り、その合計点を争うことから、スタート地点での「クモの子が散る様」は、中々見ごたえのあるものでした。結果は次の通りです。(入賞者のみ)
●少年少女
1位、ベストフレンド、610点、23分29秒
2位、湯川宙組、590点、27分34秒
3位、富田航平組、540点、28分02秒
●一般組
1位、ミッキーズ、700点、22分09秒
2位、END30、440点、28分56秒
●家族組
1位、樫本裕子組、690点、26分02秒
2位、樫本宗光組、690点、26分05秒
3位、山本健組、640点、28分26秒
●Nクラス(中学生個人)
1位、立石師範、700点、26分43秒
2位、小西翔也、700点、26分44秒
3位、小山出幹、640点、23分29秒
●Bクラス(個人・初心者)
1位、松山仁司、1000点、29分53秒
2位、秦昂太郎、750点、(減点100)
3位、大久保将之、730点、(減点100)
●MAクラス(個人・中上級者)
1位、沖浦徹二、1180点、
2位、横田実、940点、21分56秒
3位、野沢建央、680点(減点300)
 参加いただきました皆さん、お疲れ様でした。また来年もよろしくお願いします。
CIMG4998.JPG

http://www.waka-orienteering.net/
■和歌山県オリエンテーリング協会ホームページ








posted by ohana at 11:53| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

奈良マラソン 2010

【平城遷都1300年記念 奈良マラソン 2010】

 12月5日(日)絶好の天気の中、奈良マラソンにバスツァーで行って来ました。さすがに第1回記念大会と言うことで人が多かったです。普段はローカルな大会にしか参加しないものですから、ビックリしましたね。
CIMG4947.JPG
 私の場合、ゼッケンが5000番台だったので、約2分でスタート地点を通過し、順調に走り出すことが出来ました。聞くところによれば、後ろの方の方は、スタートラインにたどり着くのに、10分以上かかったとか?CIMG4951.JPG
 
 スタート地点では、高橋尚子(Qちゃん)と太平サブローさん、せんとくん、知事のお見送りもあり、嫌でも気分は上昇・・・。鴻池陸上競技場をスタートして間もなく下り坂で、周り全体が早く、「これでは後半つぶれる!」と言いきかせなが走る。
CIMG4960.JPG
 奈良市のメイン通りの大宮通りでは、記念大会と言うことで、4斜線を閉鎖してくれた事もあり、気持ちよく走れました。(まだ10`地点なので・・・余裕がありました)それから、大仏殿前では、鹿が見えたりと、奈良ならではのコースに満足でした。あと、嬉しかったのは、天理参考館(博物館)の下をくぐるなど、記念大会ならではのコース設定に、「こんな所も走らせてもらえるの?」と何度もつぶやいた程でした。また、前日の夜に飲んだ奈良の銘酒もやたら美味かったです・・・。
CIMG4961.JPG
 
 今回のコースに関しては、程よいアップダウンがあり、あきる事もなく走らせてもらいました。記録は4時間7分09秒でした。沿道には途切れることの無い、応援とスタッフの皆さんに見守られ、本当に楽しい1日でした。ありがとうございました。お蔭様で、きつい筋肉痛も無く、「奈良へ観光に行って来たんやー」と皆に言ってます。
CIMG4980.JPG

 来年は、大阪マラソンですので、また頑張りましょう!!
 



posted by ohana at 17:45| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

秋の風物詩「あけび」

【あけび】

 最近、あまり見かけなくなってきた「あけび」ですが、昨日行った山で、偶然見つけて、食べられそうなのを選び採ってきました。
 中に入ってる半透明でゼリー状の甘い果実を口いっぱいに入れ、子どもの頃に、種を噴き出しながら食べた記憶のある人も多いことと思います。
 聞くところによれば、熟すと口を開いたように割れる。「開け実」がなまって「あけび」と名付けられたそうです。嬉しかったので、ブログに載せてしまいました・・・。
CIMG0189.JPG
  ▲最近では珍しい「あけび」







posted by ohana at 18:04| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

ゆめ半島千葉国体

【ゆめ半島千葉国体トライアスロン競技】

第65回 国民体育大会「ゆめ半島千葉国体」細田、上田両選手がチャンピョン!!

 10月3日(日)、千葉県銚子市、銚子マリーナ特設会場において、国体のトライアスロン競技が行われ、千葉県代表の両選手がランで独走。公開競技ながら国体チャンピオンの称号を手に入れる。
CIMG4753.JPG
▲スイムから独走態勢に入る細田選手(千葉)



CIMG4809.JPG

▲好位置でスイムを上がる中島選手(東京)



CIMG4775.JPG


▲迫力あるトランジションを激走する島田選手(栃木)



CIMG4816.JPG


▲バイクで周回する、平出選手(沖縄)



CIMG4785.JPG

                  ▲フィニッシュでお互いを称えあう、小原選手(鳥取)

 47都道府県から、男女1名づつの代表選手が集まり、熱い戦いをする訳ですが、各県の代表選手と言うことから、普通のレースとは違う独特の雰囲気があり、応援する方もまた力が入り、有意義な一日でした。

結果は次の通りでした。(1位〜8位入賞)
<成人男子>
1位 細田 雄一(千葉)/1:46:46
2位 下村 幸平(大阪)/1:47:38
3位 福井 英郎(愛知)/1:48:01
4位 犬童 太一(東京)/1:51:20
5位 武友 潤(福岡)/1:51:23
6位 古谷 純平(京都)/1:52:12
7位 石塚 祥吾(福島)/1:52:28
8位 益田 大貴(神奈川)/1:52:47

<成人女子>
1位 上田 藍(千葉)/2:01:10
2位 田中 敬子(福岡)/2:03:03
3位 中島 千恵(東京)/2:04:32
4位 中西 真知子(大阪)/2:05:25
5位 川島 えり(愛媛)/2:06:18
6位 佐藤 千佳(神奈川)/2:07:37
7位 川口 綾巳(長崎)/2:09:31
8位 沢田 愛里(北海道)/2:11:41

 最後に、大会運営に携わる役員または大勢のスタッフの皆さん、お疲れ様でした。地元千葉県は銚子市の皆さんを始め、大勢の皆さんのご尽力のお蔭で成功裏に終わりました事を心より嬉しく思います。特に銚子市は「健康スポーツ文化都市宣言」をしていることもあり、素晴らしい大会でした。和歌山県より競技役員(総務)として行った者として勉強になる刺激ある大会だったことは言うまでもありません。
 また、帰りの夜行バスの中では、県内大会誘致の事をアレコレと考えたものでした・・・。










posted by ohana at 17:17| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

コスモスパークヒルクライム練習会 結果

【コスモスパークヒルクライム練習会 結果】

 秋晴れの日曜日、13名の参加者が9時30分から一斉にスタートし、有田川町は鷲ヶ峰(コスモスパーク)の山頂目指し奮闘しました。
CIMG4682.JPG






1位、田中作治(44)、33分14秒
2位、東秀典(43)、34分58秒
3位、森誠(38)、38分36秒
4位、秋山勉(37)、39分13秒
5位、中美博(52)、40分23秒
6位、植田益弘(33)、42分48秒
7位、生駒健夫(51)、44分06秒
8位、中平和仁(49)、52分12秒
9位、上川一良(58)、1時間9分42秒
10位、和田武晴(43)、1時間10分35秒
11位、米山佳男(43)、1時間16分01秒
12位、田中さゆり(44)、1時間19分42秒
山本仁美(39)、DNF

 皆さんお付き合いありがとうございました。今年が第1回ということから、来年以降も良い練習会として行きますのでよろしくお願い致します。
CIMG4685.JPG
それにしても頂上からの景色は最高でした・・・。






posted by ohana at 11:56| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

ロングライド130下見

【熊野古道ロングライド130 下見】

 11月7日に予定しています「熊野古道ロングライド130」の下見に行って来ました。予想していた以上に、往路に時間がかかることが判明。スタート時間を1時間早めるなど、いろいろと作戦を立て直す必要ありでした。
 以下は、下見でのコース写真です。なんとなくですが、雰囲気が伝わればと思います。
CIMG4508.JPG
                   ▲まだ真っ暗なカッパーク。

CIMG4510.JPG
                   ▲三栖王子

CIMG4512.JPG
                   ▲稲葉根トンネル

CIMG4515.JPG
                    ▲鮎川、富田川沿い

CIMG4523.JPG
                    ▲中辺路町、JA二川支所前

CIMG4526.JPG
                    ▲中辺路町、福定

CIMG4530.JPG
                    ▲たわわに実る栗

CIMG4531.JPG
                    ▲近露の交差点、左折

CIMG4537.JPG
                    ▲近露王子、箸折茶屋前

CIMG4540.JPG
                    ▲R311、野中

CIMG4542.JPG
                    ▲とがの木茶屋

CIMG4548.JPG
                    ▲新高尾トンネル

CIMG4551.JPG
                    ▲東の川林道(山岳コース)

CIMG4556.JPG
                    ▲三越峠

CIMG4558.JPG
                    ▲発心門王子

CIMG4562.JPG
                    ▲道の駅ほんぐう

CIMG4564.JPG
                    ▲熊野本宮大社

 大体のところは解りましたでしょうか? 往路は、小広峠の手前を「新高尾トンネル」を通り、東の川に沿って本宮大社を目指します。復路は、R311をそのまま田辺に向かって帰るだけとなります。

※なお、近露中学の先が崩落の為、前面通行止となっております。よって今回は野中より急登を野中の清水へ上りました。

 以上、簡単ですがコース説明とさせてもらいました。また、新しい情報等がわかり次第報告させてもらいます。
 
 早朝よりお付き合いいただきましてありがとうございました。

posted by ohana at 13:53| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

梅雨の涸沢ハイキング

【梅雨の涸沢ハイキング】

 7月9日〜11日の3日間、涸沢へハイキングに行って来ました。「梅雨の最中に何しに・・・」と言う声も聞かれますが、それが、ここ3年間というものは、バッチリ天気なんです。
 と言うことで、殆ど雨なしでハイキングを楽しんで来ました。
 また、例年になく雪渓が多く奥穂へは行けませんでしたが、獅子岩やザイテングラートの取り付き点までを、雪渓訓練さながらにカールを散歩して来ました。
CIMG4488.JPG
▲涸沢フュッテから奥穂を見上げる






・7月9日:上高地7時15分発〜横尾9時55分〜涸沢13時20分着、テント泊
・7月10日:涸沢6時10分発〜(散歩)〜11時20分着、終日テラスにて休憩、テント泊
・7月11日:涸沢5時30分発〜横尾7時25分〜上高地9時55分着、
CIMG4448.JPG
                                ▲獅子岩より前穂を望む



 
 下界はムシムシと暑い中、雪の中の涸沢は、とても贅沢な時間でした。日中は18度くらいで夜はさすがに10度以下(8℃)で少し寒い感じでした。オハナのアウトドアクラブ10人の遠征でしたが、皆さんそれぞれに元気に楽しんでられました。      お疲れ様でした。
CIMG4433.JPG

▲雪渓の上でお決まりのポーズで記念写真。アイゼンは10本爪がよかったです。
 (急登は、さすがにビビッてました・・・)

次回は、9月4・5日の八ヶ岳、赤岳です。また、よろしくお願いします。







posted by ohana at 17:14| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

紀伊半島サイクルツーリング

【紀伊半島サイクルツーリング 報告】

■平成22年6月20日(日) 6時00分〜16時00分
・参加7名、サポート車1台
CIMG4375.JPG
@、朝来駅、6時00分出発
A、椿「花の湯」、6時40分
B、日置「道の駅」、6時55分(小休止)
C、すさみ「道の駅」、7時20分(小休止)
D、串本「サークルK」、前8時55分-後9時05分(小休止)
E、古座「ローソン」、後9時30分
F、新宮R168「ローソン」、前10時40分-後11時15分(小休止)
G、熊野川「道の駅」、前11時50分-後12時05分(小休止)
H、本宮請川「国道沿いトイレ」、前12時40分-後12時57分(小休止)
I、小広峠手前「三体月モニュメント」、前13時40分-後14時15分(小休止)
J、近露「道の駅」、前14時30分-後15時00分(小休止)
K、市ノ瀬「ローソン」、前15時42分-後15時55分 解散   (走行距離約190q)
CIMG4388.JPG

 大雨にも会わず、暑くも無く寒くも無く、コンディション良く、皆さん全員完走出来ました。大変お疲れ様でした。        しかしサポートもホンマ疲れますワー・・・・。
来年は、左周りとなりますので宜しくお願いします。




posted by ohana at 10:46| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

稲村岳ハイキング

【大峰・稲村岳ハイキング】
CIMG4342.JPG
▲薄ピンク色したシャクナゲ
 



 久し振りのハイキングで「稲村岳」に行って来ました。8時45分に洞川温泉駐車場を出発し、洞川宿場街を歩いていると大勢の宿泊者が出発前の儀式で道一杯に出ている。山伏のブオー! ブオー! という「ほら貝」の音に、こちらも気合が入る。
                        ▲稲村小屋        CIMG4356.JPG

 登山口より歩き始めると直ぐにお参りをしてる団体に出会い、稲村岳行きの看板を見落とし約30分のロスをくらう。(皆さんには、トレーニングと言うことにしておくが、後にそれがアダとなる)後から調べてみると、母公堂の奥の院だということです。 徐々に高度を上げながら、樹林帯の中をしばらく歩くと、法力峠に出る。この辺りからようやく大日山や弥山が見え始める。山上辻の手前からシャクナゲが咲き、目を楽しませてくれる。
                       
CIMG4346.JPG
▲大日山頂上の祠(何故か2つあった)

 稲村小屋周辺では、ブナの若葉がまぶしい。小屋の前では、お茶のサービスがあり遠慮なく頂く。先を急ぎ、大日山に登り、キレットを過ぎ稲村岳頂上にようやくたどり着く。鋭く突起した大日山は、覗き修行のような所と想像したが、ただの山だったので、少し気合が抜ける。
 天気は良いが遠くの景色は、ボーとした感じだが、山上ヶ岳、大普賢岳、行者還岳、弥山はハッキリ見える。遠く北西方向には二上山、葛城山も金剛山(ダイヤモンドトレイル)もよく見え、眺望を楽しむ。この辺りは自然保護地域であるため、保全のため指定地域(小屋の前)以外の食事やキャンプは禁止となっている。
CIMG4353.JPG
▲稲村岳頂上には10畳程の展望台がありました。




 我々も遅めの昼食を済ませ足早に下山する。洞川の宿場街にたどりついた頃には、朝賑わっていた人影もまばらで、ひっそりとし、いつもの洞川に戻っていたようだ。この辺りは、水が豊富で綺麗なことから、豆腐づくりが盛んで、おみやげに買って帰る予定が、夕方には残念ながら売り切れていた。
 久し振りの大峰の山行だったが、何時来ても気持ちよく、他所にはない空気が流れるハイキングに満足に一日でした。
CIMG4366.JPG
●日程
6月6日(日)、洞川温泉8時45分出発〜登山口9時00分〜法力峠10時40分〜山上辻11時50分(小休止)12時00分出発〜大日山12時30分〜13時00分〜山上辻(昼食)13時55分〜法力峠14時35分〜母公堂15時00分〜洞川温泉15時30分着
※ 歩行距離:約20q、高低差:約860m、歩行時間:約6時間00分









posted by ohana at 13:04| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

コース整備

【コース整備・万全】

 大会一週間前となりまして、実行委員会では昨日、熊野古道のコース整備に半日かかりました。ガレガレになってた山道も見違える程、綺麗になりました。これで選手の皆さんも気持ちよく走ってもらえることと思われます。
CIMG0033.JPG
 一般道使用のため、コース入口には、「ランナーが通過しますので、ご協力下さい。」という看板が立てられ、大会ムードも出て来ました。
 なお、コース上の地元の皆様には、若干のご不自由をおかけしますが、ご協力の程よろしくお願い致します。
CIMG0035.JPG
                    



                    
                             ▲コース上の誘導看板
posted by ohana at 09:57| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

熊野古道大辺路トレイルランツーリング

【熊野古道大辺路トレイルランツーリング】

 11月28日(土)・29日(日)の2日間、チームバスクの大田選手を迎えて、トレイルランツーリングを行いました。コースは、紀伊半島のすさみ町〜白浜町富田までの約35qを走りました。
 大辺路は海岸沿いに沿った熊野古道の一つで、海辺を巡る行者の道として古くから開けてきたといいますが、その殆どは生活道として使われたといわれ、太平洋や枯木灘の景観が素晴らしく、現在においてもハイキングとして絶好のルートであることは言うまでもありません。
 僕の場合、このコースは何度も走りましたが、行く度に景色や海の色が違い、新鮮なものに見えますし、昔の人がここを通った(かの有名な長沢芦雪も歩いた)道だと考えるだけで、道端の石ころや樹木に風情を感じるものです。

■1日目:見老津駅〜口和深王子〜馬転坂〜すさみ〜地主神社
■2日目:地主神社〜安居の渡し〜安居の辻松峠〜七曲〜草堂寺〜紀伊富田
CIMG3980.JPG
▲見老津駅、スタート地点


CIMG4001.JPG
▲口和深ののどかな集落

 樹林に覆われた長井坂を越え、やがて口和深の集落着く、のどかな風景に時間が止まってるかのように思う。和深王子神社のイチイガシの巨木にしばし見いる。イルカの家を過ぎ、海に突き当たると太陽が海に沈もうとしている。今夜の宿がある周参見にはもう少しだ。町並みに入るころには少しづつ疲れも出できたのか、ギブアップする人も出てきた。
 夕日が稲積島に隠れた頃には、暑かった日差しもなく、こんどは潮風が寒さを感じさせる。
CIMG4002.JPG
 明日の天気を考えて、今日の終了は地主神社までとする。本日の走行距離15.1q
 夕食後は、大田選手を囲み勉強会ならぬ雑談会を設け、ランニング談議に花が咲きました。夕食時に飲んだビールが効いてきて、眠気が襲ってきたが、大田選手のトレーニング裏話に食付くこととなり、あらためて大田選手の深さに感銘を受ける。


CIMG4015.JPG
▲仏坂の急登

 大田選手のアドバイスが効いたのか、難なく仏坂越えを終え、安居の渡し場南側に着く、予定より30分以上早く、船頭さんがまだ来ていないハプニングもあったが、無事全員渡り終え、川原で小休止。記念の手形を見ると3130番台だった。

CIMG4024.JPG

 三ヶ川入り口でおにぎりを手渡し、富田坂へ向かう。林道合流点で昼食をとり、安居の辻松を通り七曲へ、白浜や田辺湾が一望出来、トレイルの難度が高く、快適というよりテクニカルなトレランを楽しむこととなる。登り口では走行時の体重移動と走り方等についてのテクニックを教わるが、言ってることは解るが、その意味の奥が深く、僕ら凡人には時間のかかることと感じる。草堂寺を過ぎ紀伊富田駅に着いたのは午後3時だった。今回のトレイルランツーリングに21名の参加者があったが、はたして何人方が満足してくれたかは定かではないが、醍醐味だけは伝わったのではないかと思う。

CIMG4041.JPG

 参加者の皆さん、二日間のお付き合いありがとうございました。来年もまた大田選手をゲストに迎えて、楽しい一時を過ごせればと思います。お疲れ様でした。
 
 正直なところ、僕も太田選手と一緒に走りたかったなー! と一人つぶやいてる今日この頃です・・・。

posted by ohana at 13:57| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

スーパーフィート、TECH1.2 講習会

【スーパーフィート TECH1.2 講習会】

 11月4日、新大阪「センイシティー」7F会議室におきまして、スーパーフィートのテクニカル講習会が行われ参加して来ました。
 聞くところによると、スーパーフィートが開発されたアメリカでは足病医学(そくびょういがく)が存在し、医療やスポーツ、リハビリテーションなどの分野において、その理論が活用されている事を知りました。(逆に言えば、その分野では日本はかなり後れてことになります・・・)
CIMG3967.JPG 
 人間の2足歩行に必要な@柔らかい足(回内)と、A硬い足(回外)という相反するふたつの機能を発揮するよう進化しました。その健康な足では、一歩の歩行で@着地の衝撃吸収のために回内した足を25%、A体をしつかり載せて前進する回外した足を75%、交互に繰り返してるといいます。
 しかし、現代では多くの人は、過剰に回内足をしていると言われ、故障や怪我の原因となってる、過剰回内の影響は少なからず大きいと分かりました。
 そこで、スーパーフィート(特別な中敷は、35以上特許)の製品は、足骨格の配列を整えて、過剰回内を抑制し、それぞれ人に本来備わってる足の機能を発揮させるものです。そのことは体全体のバランスを改善させるものとなり、快適な生活を提供してくれる道具だともいえます。CIMG3970.JPG

<スーパーフィートの5つの特性>
1.ニュートラルポジションで造られた形状のプレミアムインソール
2.載距突起(さいきょとっき)を支えて過剰回内を抑制する独自の方法
3.踵骨(しょうこつ)を真直ぐ支えて足部を安定させるヒールカップ(横ブレ、タテブレを防ぐ)
※踵(かかと)の骨を踵骨(しょうこつ)と言い。足の骨の中でも最も大きく、大事なところです。また、踵骨の上には、載距突起(さいきょとっき)と呼ばれる突起があり、それが足骨の配列をしっかり整える重要な役割を果たしています。
4.踵の脂肪体による衝撃吸収能力を引き出すヒール形状(特殊なヒールキャップにより上手く分散させる)
5.足の過剰なねじれを抑制するプラスチック・スタビライダー(アーチを高い位置でキープする)

 店に来られるお客様の中には、ランナーや登山、ウォーキングまたは自転車をやられてる方が大勢いてますが、足低筋を痛められた方や故障ぎみの方、膝や腰痛をかかえてる方が多いのも事実です。
 もしパフォーマンスアップ(今より良くなりたい)したいと考えてるなら、試してもらいたい商品がスーパーフィートかと思いますので、是非ご検討下さい。   よろしくお願いします。

 購入を考えてる方は、来店時に自分のシューズを持参して下さい。







posted by ohana at 13:25| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

OLインストラクター養成講習会

【21年度オリエンテーリング・インストラクター要請講習会】

 10月18日(日)、折りしも秋晴れの日曜日、県立情報交流センターBig-Uにて、オリエンテーリング指導者養成講習会が行われました。こんなに天気の良い日に朝から部屋の中で講習会・・・。   もったいない様な・・・?
 10名の参加者は、楠見さんの話にチョー真剣に聞き入ってました。
CIMG3924.JPG

 次ぎは24日(土)に実技をする予定です。日頃聞きなれ無い、沢、尾根、鞍部、プランニング・・・他、2万5千分の1図と格闘としてました。
 参加されました皆さん、お疲れ様でした。



posted by ohana at 12:07| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

トレラン練習会in長尾坂

【10月のトレラン練習会in長尾坂】

 10月12日は体育の日(晴れの得意日ですね)ということで、10月のトレラン練習会は、三栖農協〜熊野古道の長尾坂を登って、捩木〜上野に立ち寄りながら走って来ました。本日の走行距離15.6q(沿面距離)、高低差528mでした。
 実は最近、新型のGPSを買ったばかりで、使いたくてしょうがないところがあり、帰ってから軌跡を見るのが楽しくて、、、。まだまだ使い方が熟知できてないのが本当のところですが、眺めてニヤニヤしているのも事実です。
CIMG3846.JPG





▲「捩の木」前にて、ハイチーズ!
 いつもの事ながらアバウトな練習会ですが、10名もの参加ありがとうございました。皆さん乗りが良いというか・・・お疲れ様でした。
 何度も言いますが、休日の朝のJOG、チョー気持ちいいですねー。(やはり健康が一番です!!)
CIMG3840.JPG
   




                               ▲田辺一のビューポイント
 と言うことで次回は、11月1日を予定しています。詳しくは後日発表することになりますが、また来月もよろしくお願いします。
 Mさん曰く、走った後は「ミスタードーナッツやねん!」と言ってましたが、まだ僕にはその域のことは解りません・・・(笑)

http://www.tanabe-kanko.jp/course/nagaozaka/index.html
熊野古道、長尾坂コース






posted by ohana at 13:15| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月10日

キイジョウロウホトトギス

【キイジョウロウホトトギス】

 10月10日(土)、店の前にある、初山ビルの岩本さんより「キイジョウロウの花」が届けられた。花や植物にはめっぽう無知なんですが、この花だけは少しは知っていて、見た瞬間にキイジョウロウですか? と言い当てました。(当たってて良かった!)
 そんな訳で、レジ横に置いてますので、皆さん見てやって下さい。
 綺麗ですよー。
CIMG3837.JPG

http://osaka.yomiuri.co.jp/flower/fl11004t.htm
http://www.wakayama-nanki.jp/season/17_kiijourou/index.html
キイジョウロウホトトギス






posted by ohana at 13:13| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

トレラン新製品

【トレイルランニング新製品の案内】

 この度、スポーツショップオハナでは、下記の2点(09年秋の新モデル)を販売することとなりましたので、ご案内いたします。

■シナノ、トレイルランポール110p・120p
待望のトレランポールが日本製品(シナノ)より販売されました。アップダウンのキツイコースやロングタイプのコースでは、上手く使えば、かなり有効的な道具です。
<仕様>
・トレランポール110-------重量185g/全長110p/収納時31p
・トレランポール120-------重量195g/全長120p/収納時33p
・材質---------アルミ合金12、ナイロン、ウレタン、プラスチック樹脂
CIMG3831.JPG


 185gといえば、パワージェル4ヶ半程度のものなので、重量的には問題なしと考えます。但し、使用方法については、ノルデックウォーキング等で日頃より使い慣れる必要があるかと思います。お勧めの1品です。
※8末にあった「おんたけスカイレース」では、ポールに助けられたのは本当の話です。

■バスク、ヴェロシティVST GTX(トレランシューズ)
モントレイルのコンチネンタルディバイドが廃盤となり、トータルバランスに優れたシューズを探していた矢先、バスクより発売している「ヴェロシティVST」がコンチの穴埋めをしてくれるシューズとしてスポーツショップオハナでも販売することとなりました。
CIMG3835.JPG

マラソン経験がある方ならお解りかと思いますが、底が薄いシューズでは、石や木のカブの突き上げがあり、長い距離を走る場合は特に脚がもたないのが現状です。底にプレートが入った、しっかりした物(シューズ)が、オフロード(トレイル)での走行には一番良いかと思います。是非、お試し下さい。
 




posted by ohana at 14:10| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

アケビ

【アケビ】

 山道の調査と、山道の刈り開きの為、中辺路町は清姫の道に行って来ました。台風にも関わらず、皆さんお付合いありがとうございました。お蔭様で、途絶えていた道もつながり、ホット一安心と言ったところです。
 帰り際「アケビ」をとって来ました。家に帰り、子供や嫁さんに見せると、「何これ?」と一言。マジで見たこと無い。
 「えーこれ知らんのー!」と言う始末・・・。
CIMG3828.JPG

 秋の里山の風物詩というか、子供の頃は「おやつ」代わりに探し回ったのを思い出します。久し振りに食べてみましたが、程よく甘く、懐かしい味でした。




posted by ohana at 19:22| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

八方尾根(唐松岳)紅葉トレッキング

【八方尾根(唐松岳)紅葉トレッキング】

 シルバーウィークの22(火)・23(水)に、信州白馬村の、八方尾根、唐松岳にトレッキングに行って来ました。
 心配していた渋滞に巻き込まれながらも、何とか午前6時30分に白馬村無料駐車場にたどり着く。
 早々に準備した後、ゴンドラリフトを3回乗り継ぎ、八方池山荘に8時10分に着く。雨は降ってないもののガスで視界は無い。歩くこと40分で八方山ケルンに着く。後を振り返ると、雲の切れ間に高妻山や八ヶ岳のてっぺんだけが顔を見せていて、アルプスの雰囲気が出て「おー!」と声が上がる。
CIMG3777.JPG

 9時14分、八方池に着いた頃には、白馬三山は見えないものの、不帰嶮(かえらずのけん)は見え隠れし、険しい山々に何度となく見入る。
CIMG3782.JPG

 天気が悪いが、標高が高い北アルプスでは紅葉には関係なく目を楽しませてくれる。丸山ケルンを10時50分に通りこし、11時35分には唐松山荘にたどり着く。相変わらずガスがかかり視界が悪い。
 テントを張り、他愛の無い話に盛り上がる。このまま夕方までウロウロする訳には行かず、気分を入れ変え、唐松岳へお散歩する・・・。
CIMG3785.JPG

 この8末に山荘を一部リニューアルしたようで、真新しい木の臭いがし、気持のよいものでした。500円のワンカップ(真澄)と550円の缶ビールを買い、テン場で宴会をし、そのまま夕飯に突入する。昨夜の運転で疲れていたので寝袋に入った途端ぐっすりと眠りに入る。夜中に、トイレに行った際、剣・立山がかすかに見え、何か徳したみたいだ。また、寒さもなく快適に安眠出来たので朝はスッキリだった。
5時に朝食を食べてると、小雨がパラパラ降り出した。どうやら今日も天気はイマイチ。
CIMG3791.JPG
 
 6時には、玄関前で集合写真を撮り、早々に下山する。何度となく後を振り返るが、小雨で視界が悪い。ガスの切れ間に五竜や白馬岳が見える。しかし、程なくガスがかかり真っ白だ。8時過ぎにはリフト乗り場に着き、荷物を整え駐車場へ9時20分に帰り着く。
 無事何事もなく下山出来ホットするが、また帰りの渋滞を考えると気が重い!
 しかし雨の日は雨の日なりに、皆の楽しそうな顔を見るとこちらも何となく和み、頑張って運転することにする・・・。
 と、言うことでオハナOD倶楽部の遠征トレッキングも無事終了し、帰りの車の中では、次ぎは何処に行こうか、相談してました?

 次回は、11月8日、那智勝浦の「烏帽子山」となります。
 皆さんお疲れ様でした。






posted by ohana at 11:36| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

輪行サイクリングin串本

【輪行サイクリングin串本】

 9月20日(日)、各地で運動会が行われている秋晴れの中、串本町へサイクリングに行って来ました。コースは次ぎの通りです。
●紀伊田辺駅7時53分発→串本駅9時37分着〜大島〜なぎのパン屋〜樫の崎〜海金剛〜水門まつり(昼食)〜無量寺〜橋杭岩〜串本駅16時42分発→紀伊田辺18時12分着
CIMG3751.JPG
 さて、いつもの様に旅心をくすぐる為に、輪行で電車旅をしながらの探訪サイクリングで、いざ串本へ。限られた時間に効率よく楽しみたい思いから、まだ体力のある朝の内に大島に行き、昼からは串本町内を回るように計画した。
 串本駅から快調にチャリンコを飛ばし大島へ行く。何故かディレラーの調子が悪く、坂道で調整しながら・・・。もうすでに背中が汗でひっついてる。日陰のない坂道を登ると程なく「ナギのパン屋」があり、早速休憩とする。ここのパンは良く買って来てもらうので、食べなれたパンで、天然酵母パンで店全体の雰囲気がとても良く、皆さんいっぺんに気に入ったようだ。(パンもコーヒーも美味しかったです。)
CIMG3756.JPG

 汗も引き、一息ついた後は、お決まりの樫野崎へ。何度見ても気持の良い景色に感動し、12時過ぎより昼食予定の「水門まつり」を目指す。もう午後1時過ぎだというのに、店には客があふれかえり、結局2時過ぎに昼食にありつけた。

CIMG3762.JPG
 昼食後は、教養も身に付けるべき、無量寺へ。「円山応挙」と「長沢芦雪」の襖絵を見学し、最後は橋杭岩で串本を満喫しました。
 秋晴れの気持良い休みの日、有意義な1日でした。    ハイ!
IMG_1221.JPG

●蛇足ですが、無量寺の本堂の前に座り、ボーーと、するのも何とも気持の良いものだと思います、、、。









posted by ohana at 11:33| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

熊野検定

【熊野検定】

 この9月10日過ぎに、熊野地域文化検定テキストブック「熊野検定」という本が出版され、早速買ってみました。まだじっくり読んでないので、何とも言えませんが、中々読み応えのある内容で、地元の人間ですが、ほとんど知らない事ばかりで、早目に読まなければ恥ずかしいと、つくづく思ったものです・・・。
CIMG3748.JPG

               ▲古道歩きが好きな方は、必読ですョ!






posted by ohana at 18:59| 日々つれずれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする